ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

生活安全課0係 ファイヤーボール

f:id:K-norita0426:20160330185027j:image

杉並中央署生活安全課に突如誕生した「何でも相談室」。通称0(ゼロ)係。署内の役立たずが集まる島流し部署だ。そこへ科警研から異動してきたキャリアの小早川冬彦警部。マイペースで、無礼千万な男だが知識と観察眼で人の心を次々と読みとっていく。そんな彼がボヤ事件で興味を示した手掛かり、ファイヤーボールとは?   KY(空気が読めない)刑事の非常識捜査が真相を暴くシリーズ第一弾!

あっという間に4月ですね。このところ全然「読書」が進みません。スマホゲームにハマっているのが原因か……。

今回は富樫倫太郎「生活安全課0係シリーズ」第一弾「ファイヤーボール」読了です。こちらの作品は2013年発刊、2016年1月に文庫化されました。文庫化に際して第二弾「ヘッドゲーム」を同時発売、次の月には第三弾、そして今月は第四弾が発売予定となっております。

ストーリーは「KY(最近聞かないなぁ)」なキャリア警察官が優れた観察眼を駆使して「事件」を解決していく……という流れ。生活安全課、それも「なんでも相談室」なので「殺人」などではなく「これって事件?」のようなものもズバッと解決していくんですね。いろいろな「事件」が、結局は「一気に解決」となる結末は見事。作者の構成力には脱帽です。

まぁ 別シリーズ「SRO」の主人公「山根新九郎」とイメージが被っているような感じもありますし、キャラクターも「SRO」よりも若干「地味」な感じは否めませんが、今後の活躍(特にアンジーに注目)に期待したいところです。

そして、「SRO」シリーズのラスボス「キラークイーン」の影も見え隠れしたりして……。

これは最終的に「コラボ」的な結末も面白いかもしれません……が、とりあえず第二弾以降の作品も読み進めたいと思います。

最近 主流の「グロい」感じ…ではなく、会話が軽快で気持ちよく読める「警察小説」です。


2016年3月28日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️(グロくないのが良いですね)


そして今期クールのテレ東系ドラマ「刑事」ですが、「アンジー」と「課長」以外の「0係」の役名が違っていて、特に 相棒の「高虎」の設定が「虎三(とらみ)」という女性なっていたのはビックリです。
それと主演の「小泉孝太郎」は同時間帯の人気シリーズ「涙の刑事」でも重要なキャラクターを演じているので、個人的にはキャスティングは微妙でした。まぁ (大物俳優の)離婚問題なんかが潜んでいるかもしれませんので、今後はこの作品をテレ東「金8」のメインに育てていくのかもしれませんね。

さて、次は順当にいきまして……

f:id:K-norita0426:20160330185058j:image
シリーズ第二弾「ヘッド・ゲーム」を読みたいと思います。

そして、並行して読んでいる「金と銀」もそろそろ終盤に差し掛かります。

今月も予定数を読破できませんでした。

来月は頑張ろ〜!

それでは、また次回。ごきげんよう。