読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

怪盗探偵山猫

f:id:K-norita0426:20160213072316j:image

闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫ーー出版社社長が殺された。容疑者は  “山猫”  と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は  "人を殺めないこと“  のはずが、一体なぜ ⁉︎    ライターの勝村は事件を追い始めるが・・・・⁉︎    平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か ⁉︎   鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る山猫の活躍を描く、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー。怪盗界に新たなヒーローが誕生 ‼︎

現在、日テレ系にて絶賛ドラマ放送中の「怪盗探偵山猫」読了してしまいました。だって「信長燃ゆ」よりも絶対的に読み易いんですもの。

こちらは2006年に表題「山猫」として発刊、2010年に「怪盗探偵山猫」に改題されたました。作者は「神永学」、代表作には以前ドラマ・アニメ化された「心霊探偵八雲」があります。その他、シリーズ物がいろいろあるようですね。

ストーリーは、「語り部」的なライターの「勝村」が主人公「山猫」にイジラレながら事件に巻き込まれ、そこにヒロイン「さくら」が絡む……という流れなのですが、ドラマと違って「勝村」と「さくら」の「先輩・後輩」関係が逆設定になってるんです。私の勘繰りによると(今作には登場しない)ドラマ版ヒロイン「魔王=真央」役の「すずちゃん」押し……ということで、ドラマ的には「さくら」を目立たせないようにした……ような気がします。

でも、ヒロイン「さくら」を活用しないのは勿体無い気がしますので、ドラマは無理でも「劇場版」あたりで、「菜々緒」嬢のサイレーン並みの激しいアクションを観てみたいですわぁ。

最後に、今作品は登場人物のキャラは立ってるし、ストーリーも面白いので、スラスラ読めちゃう感じでオススメです。

でも、私自身は本作品でとりあえず止め置くことにいたします。続刊2巻と近日中に最新作も発売されるようですが、シリーズ物は出来ることなら増やしたくないものですのでね。


2016年2月12日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️


もう一方の「信長燃ゆ」も終盤に差し掛かっております。今月はノルマの5冊は達成できそうですね。


そして、次の作品は………

日テレ系ドラマの流れからの……

f:id:K-norita0426:20160213072406j:image
有栖川有栖「臨床犯罪学者・火村英生の推理 1」を読みたいと思います。

そういえば日テレ系ドラマ3作品で、「カメオ出演」企画があるようですね。

視聴率では(相棒を除いて)草彅の「スペシャリスト」に続いて日テレ系3作が並んでいるようですね。個人的にも推理・ミステリー系は好きなジャンルなので全作品チェックしてますよ。

おかげで時間がないけどねー。

ではまた、次回。お楽しみにー。