読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

毒 猿 新宿鮫 Ⅱ

f:id:K-norita0426:20150424175548j:image
はてブロ」アップデートで戸惑いが隠しきれない…

ということで、「勝手にシリーズ化」集中読破シリーズから「毒猿 新宿鮫 Ⅱ」読了致しました。

表題の「毒猿(どくざる)」とは、狙った獲物は逃がさないプロの暗殺者「職業兇手」の意。

1991年刊行、1998年文庫化なので、たぶん初読は2001年くらいと記憶しております。ストーリーもかなり記憶に残っていましたね。

さて、例のごとく、ストーリーは…

歌舞伎町の女・奈美。孤独な彼女が心惹かれる外国人・楊は、謎の影を持つ男だった。一方、「新宿鮫」と恐れられる新宿署刑事・鮫島は、完璧な「職業兇手」(殺し屋)が台湾から潜入していることを知る。「毒猿」と呼ばれる男が動きはじめた刹那、新宿を戦慄が襲う!  鮫島は、恐るべき人間凶器の暴走を止められるのか?  奈美の運命は‥‥‥。 圧倒的な興奮と感動がふたたび!!

という裏表紙から感じるように、かなり「ハードボイルド」且つ「スペクタクル」な内容でした。

私も感じましたが、多くの方が「前作を凌ぐ」という印象を持ったようです。私なりにその理由を推察するに、主人公「鮫島」と毒猿を追う台湾警察の「郭栄民」の強い友情の絆、そして暗殺者「毒猿・劉鎮生」とホステス「奈美」との「儚い恋」が「強い引力」で読者の気持ちを引きつけた…からではないのでしょうか。

それと、恋人の「晶」の出番が少ない(晶ファン、ごめんなさい)為、主人公のツンデレが少ないというのも、よりハードボイルドで良かったのかもしれませんね。

「毒猿・劉」と台湾警察「郭」は、味のあるキャラだったので、この物語のみの登場は勿体無かったと思います。(今更ですが)上下2巻だったら、もっと重厚で濃密な物語になったのでは……

2015年4月25日 読了  個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️☆


また、こちらも1997年に館ひろし主演にてNHKでドラマ化されているんですね。残念ながら観てませんけど…

完成度が高い作品なので、是非とも時代背景を考慮しながら、先日のテレビドラマ「MOZU」のような感じで、再度の映像化を期待したいと思います。

そして、次巻は…

f:id:K-norita0426:20150424235412j:image
第三弾 「屍 蘭」です。ストーリーは、全く記憶に残っておりません。

新宿鮫 読破ノルマは1ヶ月に2冊。7月には最新作までたどり着くつもりです。


それでは、また次回。