読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

新宿鮫

f:id:K-norita0426:20150407173534j:plain
前回の宣言通り、「新宿鮫」シリーズ 完全読破を目指し、まずは1作目「新宿鮫」読了です。
この作品は吉川英治文学新人賞などを受賞。1990年に発刊、1997年文庫化ですから、たぶん90年代後半に読んだと思うので、約15年ぶりの再読でした。勿論、ストーリーは頭に(残骸すら)残っていませんでした。

今回もまたストーリーは裏表紙から…

ただ独りで音もなく犯罪者に食いつくーー 。「新宿鮫」と恐れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。待ち受ける巧妙な罠! 絶体絶命の鮫島・・・。登場人物の圧倒的な個性と最後まで息をつかせぬ緊迫感!  超人気シリーズの輝ける第1作、ついに登場!

……と、最後の「!」マーク3連荘が「力」入ってる感 ハンパないですね。

登場人物も主人公「鮫島」はもとより、恋人の「晶」、上司の「桃井」、ライバル(と勝ってに思っている)の「香田」、鑑識官の「藪」、そしてヤクザの「真壁」など存在感あるキャラクターがこれからのシリーズをどのように彩っていくのか楽しみです。

おぼろげながら、初読時はあまり良くない印象だったように記憶しています。でも、今回は作品の完成度の高さを感じ、なかなか楽しんで読み進めることができました。自分の実年齢が主人公 鮫島を追い越した所為かもしれませんね。

2015年4月9日 読了  個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️☆


また、1993年に真田広之主演で映画化されているんですね。そう言えば、真田広之が裸で監禁されているシーン、なんか記憶にあるな……

この作品、今でもドラマ化しても面白い作品だと思います……で、勝ってにキャスティングですが、主人公は(いろいろ悩んで)「玉木宏」!、ヒロインの晶は「西内まりあ」。イチオシです! 彼女の歌唱力ハンパないですね。

映画版の晶は、(最近ではエロマダム役で話題だった)「田中美奈子」が演じてました。そして注目は、「浅野忠信」が真犯人役。今では考えられないキャスティングですね。

そして、続いては次作…

f:id:K-norita0426:20150407173510j:plain

「毒猿(どくざる)」。鮫島に人生最大の強敵現る…らしいですが、そんなに人生って分かっちゃうものですかねぇ?


それでは、また次回。