読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

鴨川食堂 おかわり

f:id:K-norita0426:20160531175749j:image

〈鴨川食堂・鴨川探偵事務所 ーーー"思い出の味"探します〉。
  忘れられない、でも二度と味わうことのできない一皿。京都・東本願寺近くにひっそりと佇む食堂では、そんな記憶の中の味を再現するという。
  確執がある父のレシピを知りたいシングルマザー、恋人に過去を告白するため、子供時代の焼飯を捜すモデル、故郷に帰る決意を固めようと、かつて味わった天丼を求める一発屋と呼ばれた歌手……。
  元警官で料理人の鴨川流、娘のこいし、トラ猫のひるねのもてなしは、人生に迷える人々の背中をやさしく押し出す。心もお腹も温まる、美味しいミステリー、第二弾!

前回に引き続き、シリーズ第二弾「鴨川食堂 おかわり」読了です。ドラマか化された3話とその他の3話の計6話という構成。今回もかなり「お腹が空く」内容でございました。

ストーリーは、「食」を捜すゲストが、まずは食堂に辿り着き、(ゴージャスな)「おまかせ料理」を食べてから、食捜しの依頼をして、2週間後に「種明かし」……という流れでしょうか。

まずゲストが食べる「おまかせ料理」の内容にビックリ。これだけの物を食べたら「いったい幾らなんだろう?」なんて本気で考えちゃいますよ。その他の常連は「ラーメン」みたいな感じで食べてるのに「実際やっていけるのか?」……なんて野暮な考えしちゃいますね。まぁ 「フィクション」ですからね。

今回の一番印象に残ったのはドラマ化もされた「ハンバーグ」の話ですかね。前作以上のインパクトは無かったかなぁ。

あと、ドラマの本筋だった「流の過去」のくだりは今回も語られていません。平和な親子関係は維持されてましたよ。


2016年5月16日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐︎(食いしん坊にはプラス⭐️)


そしてこの後は………、

f:id:K-norita0426:20160531175809j:image
順当に第3作目「鴨川食堂いつもの」です。本当は「ドラマ第二弾」を待ってから……とも思いましたが、「大手某通販 」で古書が安くなっていたので即注文致しました。

最近、いろいろサボっている「読書」ですが、もう少しペースを上げなきゃ……と思っております。


あと、ブログを書くのもサボりがちになってますね、なんとかしなきゃ。

それでは、また次回。お楽しみに〜。