読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

46番目の密室 臨床犯罪学者・火村英生の推理 Ⅰ

有栖川有栖
f:id:K-norita0426:20160310182051j:image

英都大学社会学部の若き助教授、火村英生(ひむらひでお)。その明晰な頭脳で難事件を解決し、「臨床犯罪学者」と呼ばれている。そんな火村が心を許す唯一の存在は、大学時代からの親友である推理作家、有栖川有栖(ありすがわありす)。冬のある日、有栖川が大御所推理作家・真壁聖一の別荘に招かれたことから、2人は軽井沢を訪れることに。しかしなんと真壁自身が「密室」で殺される事件が起き・・・・・・⁉︎

さて、前々回の「山猫」に続き、現在日テレ系にて絶賛放送中のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生」の原作を…という事で、最初はドラマ第1話の原作「絶叫城殺人事件」かとも思いましたが、やはり「火村とアリス」のデビュー作である「46番目の密室」を選んでみました。

この作品が発刊されたのは20年以上前の1992年。なので、作中には「携帯電話」などなどの記述がありませんし、「皇太子殿下と同じ歳」という記述があったりして……

ですが、ストーリーはミステリーとして一級品。以前読んだ「メルカトル」のような「ふざけた」結末ではないのでご安心を。まぁ「メルカトル」の場合は「ワザと」なんでしょうけどね。

それと、「作中の語り部」と「作者」が同じ「有栖川有栖」なのは、読者が「キャラクター」と「作者」を覚えやすいように配慮したとか、もう1つ「妙名」を捻り出すのが面倒だったとか、まぁ そんな感じだったらしいですよ。(詳しくは今月発売の「ダヴィンチ」に特集されてますので読んでみては。)

こちらも「山猫」と同様、「後ろ髪ひかれ」感はあるのですが、シリーズ物を増やしたくないこともあり、特別な事がない限りは一歩引いた感じでいきたいと思います。

ですが、漫画「金田一少年」や「BL」系作品が好きな方にはオススメいたします。


2016年3月7日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️(若干厳し目かも)


日テレ系「火村英生」「ヒガンバナ」、テレ朝系「相棒」「科捜研」「スペシャリスト」、テレ東「生活安全課0係」と今回のドラマクールは「大推理合戦」と呼べるほど「似通った」作品が多かったですね。

それに乗ってこなかったフジはなんか「暗重」なイメージでしたね。現実味があり過ぎる「若者像」や美女の「殺人」を「羊が追う」などなど…、ちょっと怖くて観るのを躊躇う作品ばかり。「親父」と「カレ」が「同じ歳」ってどういう「テーマ」ですかね。理解に苦しみます。

今回のドラマで一番安心して観れたのは深キョン&ディーン様でしたね。セリフの「アホさ加減」が絶妙で、ディーンの俺様ぶりに女子たちはキュン死状態だったのではないでしょうか。

さて、もう一方の「吉原裏同心3」も読破完了しておりますので、近日中にアップいたします。


そして次回は、現在読破中のこちら……

f:id:K-norita0426:20160310182955j:image
麻見和史の殺人分析班シリーズ「石の繭」を読了中。

WOWWOWのドラマは結構「グロかった」ですが、大好きな「木村文乃」嬢が主演なので、とりあえずチェックいたします。


それではまた、次回。カミングスーン!