読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

御子神典膳

f:id:K-norita0426:20151211081010j:image

下野国で、重臣による謀反の難から逃れた領主の娘・澪姫と小姓が追手に囲まれた時、黒い長羽織姿で長身痩躯の男が二人を助ける。男の名は御子神典膳、剣聖・伊藤一刀斎より印可を受けた一刀流の達人。逃避行を続ける典膳らに絶体絶命の危機が迫る! 剣戟あり、謎ありの娯楽時代小説。

今回は時代小説、それも「スーパー」とか「ネオ」とかの冠がつくような作品「御子神典膳」です。作者・月村了衛(つきむら りょうえ)氏は元脚本家。かの有名な「ミスター味っ子」のアニメでデビュー。その後、2010年発表の、SFと警察小説を融合した「機龍警察」で小説家デビューを飾りました。
この作品は「一刀流無想剣  斬」として発刊されたものを文庫化の際、原題の「御子神典膳」に戻したそうです。なぜ 戻したのかは…読了後にわかると思いますよ。

御子神典膳は実在の人物。柳生新陰流と並び将軍家指南役となった一刀流「小野忠明」の前名なのです。物語は指南役となる前の話で、謀反により城を追われた「姫」とその小姓を守護して旅をする…という流れです。
そして お約束の謀反を起こした「悪役」や手強い「ライバル」達が登場することでストーリーは盛り上がって行きます。途中、大怪我を負う主人公の「くだり」は若干「退屈」感がありましたが、私の大好きな「隆慶一郎」や「山風」的な「バトル」はワクワクしましたよ。

個人的にはもう少し「強敵とのバトルシーン」が欲しかったところですが、ラストの「大ドンデン返し」は見事……というか「呆気」にとられますたねぇ。ほんと「びっくりぽん」ですわ。


2015年12月4日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️


月村了衛」作品は今後も読破していきたいと思います。代表作「機龍警察シリーズ」3作目「暗黒市場」もそろそろ文庫化だと思いますので、そのタイミングで読了しましょう。それと、以前読んだ「機忍兵零牙」も再読してレビュー仕直します。

この「御子神典膳」、1作品で終わらせるには「キャラ」があまりにも立っているので、是非とも「映像化」を検討していただきたいですね。

そして、「もしドラマ化するなら」のオレ的キャスティングは……

主人公・御子神典膳 = 西島秀俊
澪姫 = 土屋太鳳
小姓 = 鈴木福
白木蔵人 = 藤木直人(←「人」繋がり?)
黒蓑右門・左京次 = 松坂桃李福士蒼汰の「手塚兄弟」
ラスボス・龍田織部介 = 吉田鋼太郎………なんていかがでしょうか。
あと、「チャオ!」の長谷川博己でもいいかも。(ラスボスか左京次あたり)

この面子ならTBSですかねぇ。本当に実現したら嬉しいなぁ。


さて、次回は「ミステリー」で………

f:id:K-norita0426:20151211081031j:image
麻耶雄嵩「メルカトルと美袋(みなぎ)のための殺人」です。前回の「闇ある翼」ではあまりにも「メルカトル」感が無かったので、もう1作品読むことにします。


2016年も残すところ半月。目標読了数まであと6冊。はたして……


それではまた次回。ごきげんよう。