読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

オレたちバブル入行組

池井戸潤
f:id:K-norita0426:20151122082158j:image

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな時代へのエールを送る痛快エンタメ。

池井戸潤半沢直樹シリーズ第3作目「ロスジェネの逆襲」が今年 文庫化されたので、前2作を再読しようかと思いました…が、いざ読むとなると…正直言って全く読む気になりません。騙し騙し読み進めていくと、昔見たドラマのシーンが浮かんできて…気がつけば「あっという間に」読了してました。

再読して感じたことは「花咲舞」原作小説たちよりも、銀行員(サラリーマンもですかね)の職場環境の切なさが強烈な文章で描かれているなぁ…と思いました。主人公・半沢の「倍返し」シーンは、怖いくらいに「痛快」。悲哀ある会社員なら一度は「こんな風にやり返したい!」で思ったことありますよね。

あとは、前回読んだ時に感じた半沢の妻・花の描写。ドラマでは「いい女房」に見えましたが、小説では「できればぶん殴りたい」ようなキツイ妻なんですよね。ドラマ版の妻の方が ストーリーが華やかになるような気がしますね。上戸彩ファンだからかもしれませんがね。


2015年11月19日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️

そして、「半沢直樹」のドラマ放映から早くも2年が過ぎました。最終回、関東で「42.2%」関西で「45.5%」を記録したオバケドラマでしたね。主人公・半沢役の「堺雅人」は2016年は大河ドラマの主役。奥様役の上戸彩ちゃんは無事出産となりましたが、少なくとも来年のドラマ第2弾は無さそうですね。

次回は続けて「オレたち花のバブル組」からの「ロスジェネの逆襲」へといく………


…前に、イレギュラーでこちら…

f:id:K-norita0426:20151122083252j:image
夢枕獏「キマイラ 11 明王変」が発売されました。

前作から1年以上…。

はたしてストーリーはどう展開していくのか…

多分「マッハ」で読み終わりますね。夢枕獏ですもの。

それではまた、次回。