読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

下町ロケット

f:id:K-norita0426:20151106173421j:image

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていたーーーー。男たちの矜持が激突する感動のエンターテインメント長編!  第145回直木賞受賞作。

2010年刊行、2013年文庫化。そして2011年前半の直木賞受賞作である池井戸潤下町ロケット」読み終わりました。当初はいつものようにドラマが終わりそうな頃からの「ランデブー読み」の予定でしたが、先日発売された「下町ロケット2 ガウディ計画」もドラマするらしいので、読了のはこびとなりました。
読み終わった感想は…「いい意味での池井戸潤」。「勧善懲悪」「正義は勝つ」的な展開は爽快感を味わえますよ。

流れは「ルーズベルト・ゲーム」と似てますが、こちらは「社長」よりは「社員」が大活躍。
特に、会社の方針に最初は反対していた「若手社員」が、大手大企業とのやり取り中で「プライド」を触発され、会社一体で大企業と渡り合う…という流れは(まぁベタですが)やっぱりワクワクしちゃいましたね。

でも、よくよく考えると、ひと昔前は「社員が夢を語り」、「会社が現実を語る」系図でしたが、今は「会社が夢(理想)を語り」、「社員が現実(あきらめ)を語る」…そういう時代なのでしょうか?

もしかして、両者とも「現実」しか語らない時代になっていたりして…

2015年11月5日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️(ワンパターンでも好きなものは好き)

そして、おなじみ…ドラマについて少々…

阿部寛・主演のドラマも1話から視聴率を上げているようで、今期のトップ(相棒は除いてね)確実のようです。ヒロインの朝ドラ明けからの土屋太鳳ちゃんもイイ感じのキレ演技ですね。そしてキャストはもう「悪役」のオンパレード。そして佃製作所には「仮面ライダー」が二人もいるし…。で、私的には見所満載ですね。「半沢直樹」「ルーズベルト・ゲーム」と同じスタッフの製作なので、似てる…というよりは、同じ(⁈)と、巷では言われてるようですが、まぁ 面白ければイイんじゃないの⁈


そして、このままの池井戸流れ からの…

f:id:K-norita0426:20151106173350j:image
こちら。第3作目「ロスジェネの逆襲」が文庫化されたので、「半沢直樹シリーズ」1作目から読み直ししたいと思います。ドラマ第2弾が決まってからにしようかと思ってましたが、当分無さそうなので…。だって、来年は大河ドラマの主演ですからね。

次回。ごきげんようー。