読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

図書館内乱 図書館戦争シリーズ②

f:id:K-norita0426:20151012172451j:image

図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、日々訓練に励む郁は、中澤鞠江という耳の不自由な女の子と出会う。鞠江は小さいころから面倒を見てもらっていた図書隊の教官・小牧に、密かな想いを寄せていた。そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、いわれのない罪で小牧を連行していくーーーかくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した⁉︎ 書き下ろしも収録の本と恋のエンタテインメント第2弾!

第2作「THE LAST MISSON」が先日 公開から早くも前作を越えるヒット…と報じられていますね。また地上波でも「第1作」とSPドラマ「BOOK OF MEMORIES」が放映されました。今作「図書館内乱」は、そのSPドラマのストーリーと新作映画の序章までが書かれています。(といってもまだ新作映画は見てませんが…)

主人公・笠原郁の「両親 登場」と「小牧と鞠江」のストーリー、あとは手塚兄・慧(さとし)の登場。クライマックスは郁が絶体絶命のピンチに陥ります。そして「王子様の正体が…」という展開。

今作は次回のプロローグ的なストーリーですね。今後の展開がより楽しみになります。
また、前巻同様、作者によるあとがき、巻末のミニエピソード、故・児玉清氏との対談も注目です。

さらに、小牧と鞠江のエピソードに登場する「レインツリーの国」という小説は、近々 (私のイチオシ女優の一人)「西内まりや」主演で映画化されるようで、2015年は年末まで「有川フィーバー」が続きそうです。

小説の中に登場する「小説」を本当に書いちゃう「有川浩」ってナニモノ? 作者の想像力には完全に脱帽ですね。

2015年10月11日日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


いろいろな所用のため、映画「THE LAST MISSON」を観に行けるのは来月前半になりそう。それまで公開してますように。してますよね。絶対してるよね。前売券買っちゃったんだからね。

そして、「図書館戦争シリーズ」次巻は…

f:id:K-norita0426:20151012172510j:image
「図書館危機」。映画を観る前にはこれと次作までは読み終えていたいですね。

そして今は「世に棲む日々」 最終巻に突入しました。大河ドラマはもう明治時代に移ってるようですね。チャチャっと読み終えて、大河ドラマもザーッ てな感じで追いつきたいと思います。


それではまた、次回。