読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

聖女の救済

f:id:K-norita0426:20150814084517j:image

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが………驚愕のトリック世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作!

終戦物の合間に読んでいた、ガリレオシリーズ第5弾「聖女の救済」サラサラっと読了です。2008年10月に短編「ガリレオの苦悩」と同時出版。2012年に文庫化されてます。

内容的には長編ですが、「湯川」というよりも「草薙」刑事が主役のスピンオフ作品だと思います「ガリレオ」&「女の勘」に苦悩・葛藤する「恋する刑事」。常識ではあり得ない「トリック」。それが解明できれば「完全犯罪」。殺す準備をしておいて「殺さない」、まさに「救済」していた…というのはかなり反則的なオチですね。

前作から登場の「内海薫」ですが、作品中はかなりの「名探偵」。「ケイゾク」なみの「私 わかっちゃいましたー」的な名推理。それを「ガリレオ」が理論的証明すれば、もう「まるっとお見通し!」(って作品もTV局も違いまんがな!)。これじゃぁ、草薙刑事はただのドジっ子になっちゃいそうですね。

2015年8月10日 読了 個人的評価:⭐️⭐️⭐️(またまた キビシイ採点です)


そして、ガリレオ第2シリーズで映像化されたのが2013年。もう2年前なんですね。容疑者には(確か病み上がりだったと思ったが…)天海祐希をキャスティング。設定も湯川の中学時代の同級生という設定に変更してましたね。
現在不調のフジテレビ。ガリレオの再登板はあるのでしょうか?
個人的には2017年…と予想しておりますが…はたして?

そして次作…

f:id:K-norita0426:20150814084541j:image

映画化した「真夏の方程式」……の前に、今野敏「転迷 隠蔽捜査4」を読破予定です。

どっちも「今さらな」作品ですが…ご容赦下さい。


ではまた、次回。