読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

ヴァン・ショーをあなたに

f:id:K-norita0426:20150311171319j:plain
「いい仕事がしたいんです!」と今クールのドラマの主人公が言ってました。

私も本当に「いい仕事」がしたいと思ってます。

賃金や待遇などに左右されない「いい仕事」…

ホント、日本って「利益主義」というか、経営者は利益追求する事が企業の目的だと本気で思ってますね。

本来は「利益」というのは経営状況を指し示す「指針」であって「目的」ではない…と神様「ドラッカー」もおっしゃっていますよ。「マネジメント」熟読してもらいたいですね。

そんな「いい仕事」って、こんなお店があったら出来るかも…と思うのが、この「ビストロ・パ・マル」のシリーズ。

今回 読了したのは第2弾「ヴァン・ショーをあなたに」。久々に新刊購入しました。

裏表紙に内容の紹介があったのでそのまま記載。

下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。フランスの田舎で修行した変人シェフの三舟さんは、実は客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに解く名探偵。田上家のスキレットはなぜすぐ錆びる?   ブイヤベース・ファンの女性客の正体は?  ミリアムおばさんが夢のように美味しいヴァン・ショーを作らなくなったわけは?    シェフの修行時代も知ることができる魅惑の一冊。


今回の短編の中で個人的に好きなのは「ブーランジェリーのメロンパン」。この話の謎に隠された「お互いを思いやる優しさ」がじわじわと心にここちよい余韻をもたらしてくれます。

あとは、「マドモワゼル・ブイヤベース」も、変人シェフの隠された恋心?がちょっと切なくて妙に惹かれるストーリーですね。

そして「憂さばらしのピストゥー」では、料理人の矜持を語る三舟シェフがカッコイイ。飲食に携わる者は全員 こうあるべきだと痛感させられました。

もちろん、タイトルの「ヴァン・ショーをあなたに」も秀逸なお話ですよ。


最後に、あとがきでも触れられていますが、「みをつくし料理帖」と同じく「料理の描写」が絶妙。必要最小限の表現で、少々専門知識を知らなくても大丈夫。登場する料理の「その瞬間の美味しさ」が見事に読み手にしっかり伝わってきて、もう腹が減って困っちゃいますね。

美味しいブイヤベースが食べたいなー!

2015年3月9日 読了  個人的評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️



そして、個人的には是非「ドラマ化」していただきたい…ということで勝手にキャスト候補を挙げてみました。

変人シェフ三舟は…吉田鋼太郎。最近は女子にも人気が高いらしいです。

そして、三舟を慕うスーシェフ 志村には…沢村一樹。下ネタ感なく、爽やかに演じていただきたい。

ソムリエ金子女子には…戸田恵梨香

最後にギャルソン高築には…神木隆之介のSPEC姉弟を抜擢というイメージ。いかがでしょう?

シェフ二人を「MOZU」・「流星ワゴン」の香川&西島でもいいかも。

あ! これじゃ局はTBSになっちゃいますね。

f:id:K-norita0426:20150311171333j:plain

ともかく、このシリーズ。飲食業界の人間に活力を与えてくれるストーリーだと思います。

仕事で心が折れそうな時は、この物語に癒されてみてはいかがでしょうか?



それでは、また。