ミーハー的 読書日記

読了した本の主観的な感想 あれこれ

海外作品

アルジャーノンに花束を

33歳になっても、幼児の知能しかないチャーリイ・ゴードンの人生は、罵声雑言と嘲笑に満ちていた。昼間はパン屋でこき使われ、夜は精薄センターでの頭の痛くなる勉強の毎日。それでも、人の好いチャーリイは、少しも挫けず、陽気に生きていた。そんなある…